ホントはもう少し余裕があって然るべきじゃないか~と自問するアラフォーの日常


by sayururi0704

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:妖怪の館( 4 )

ミニラ

その女、60代前後、限りなく地を這うような身長と、
かぶった殻のようなヘアスタイルは昔いた、かみさんが着物を着てて、ハリセンでだんなに頭を殴られる、あの夫婦漫才を彷彿とさせる、しかしぼんやりとした顔の造作はミニラだ。

ミニラは昔話の中にいつも生きている。
結婚前に銀行員だった時代の事、保険屋時代の事、そして今の会社に入社した時のこと、どれもすべて変り映えしない、なんのことはない自慢話だ。
ミニラは老眼なので、書類をなんと目の高さまで水平に持ち上げ、鼻の下までずりおちた眼鏡越しに、顔を斜め45度に傾けて見る時は、既に鼻の先に書類がくっつかんばかりだ。
はっきり言って、かなり不気味な光景だ。
知らない人か゛見たら、少し頭が足りない人じゃないかと思うだろう。

今日同僚が欠勤をした。
彼女はお母さんが病気で、時々病院へ連れて行く為に会社を休む。
他に面倒を見れる家族が居ない為、彼女が母親の為に休むことはいたし方の無いことなのだが、
それでも会社はいい顔をしないので、彼女は部署変えを何度も申し出ていた。
それを却下し、事情はわかったから今の部署のままでいろ、課長に何か言われたら、部長の自分がなんとかするからと言ったのがミニラだった。
つい一ヶ月、たつかたたないかのことだ。
果たして・・・・・今朝彼女からの欠勤の電話を聞いたミニラは・・・・・激怒した。
「お母さんのことでそうしょっちゅう休まれたら、こっちだって考えがあるわよ!!」
真っ赤な小人と化して全身を震わせて叫んでいる。
しかも朝っぱらから・・・・・・・・・・!!
もし私のデスクの傍に機関銃があったら、速攻、手をのばしていただろう。


朝から怒りくるったミニラは、その後とどまるところを知らず、
なんとあろうことか・・・・・・・・・
同僚の直属の、これまた骨の髄まで腐った性根の、なんちゃって課長と共謀して、
彼女の家に、裏を取る為に、さぐりの電話を入れていた!
しかも直接、同僚のお母さんと話しをし・・・・・
医者でもないのに「あれは病気ではない」等と・・・・。

一体何の権限があってそこまで嫌らしいことが出来るのか、呆れてものが言えない。
視線で殺せたらどんなにいいかと思いながら、奴らを睨み付けた。

どうしたら個人の病気や家庭の事情に対して
ああまで冷酷に出来るのか・・・・。
どうして奴らの性根は、ああまで腐ってしまっているのか。
何故自身も人の親でありながら、人の痛みが、親を思う子供の思いがわからんのか。

震えながら、怒りながら、今日一日終えたとき手のひらが痺れていた。
頭はまだガンガンしている・・・・。

久々に妖怪の館を書く羽目になってしまった。

私はいつになったらこの忌まわしい場所と決別できるのか・・・・・。
[PR]
by sayururi0704 | 2005-04-21 23:39 | 妖怪の館

洞窟

 そこには深く、暗い洞窟がぽっかり開いていた。それは、いびつに形を変え、時折泡が入り口から湧いてきた。しかしそこには洞窟にありがちな冷気がなく、生臭いすえた臭いが今にもただよってきそうな、なまぬるさが充満していた。
 
 「会社が今どういう状況かわかってるの?こんな状況で有給をくれだなんて、どうかしてるわ。無理ね。」有給とは労働者の権利ではなかったか?洞窟はなおも続ける。
 「どうしてもと言うなら振り替えなさい。」またきた。コレだ。
 「最初の2週間ぶっつづけ6勤(週休1日)をしろというんですか?」
 「そうよ。別にやれなくはないでしょ?」
 「無理です。今の現状では。体がもちません。」ここ数ヶ月定時で帰ったためしがない。果たしてこの無毛な会話に明日があるのか・・・。くらくらする私。自称40代らしいこの洞窟の持ち主は、実は部分入れ歯である。興奮すると入れ歯はどこかへ流れていき、歯茎に赤い定着剤だけが残され、そこにはぽっかりと暗い洞窟があらわれる。
 
 「体、体って、別にそういう状態でなくても、もうすぐ具合、悪くなる頃じゃないの?」
 
 不敵な笑みすら浮かべて、コイツ正気か?発射できない怒りの為に指先まで痺れる。子宮内膜症、それはそんじょそこいらの生理痛とはわけが違う。まさに激痛だ。そして毎月私を苦しめるもの。男に言われるならまだしも、同じ女でありながら、しかもこれでひとの親ときてる!生理痛どころか、出産も犬のように安産だったにちがいない。
 「生理は2月からとめています!」2月から一度も生理痛でやすんどらんだろうか゛、ボケ!!内膜症治療リュープリンを2月から始めている。擬閉経治療だ。
 
 「あら・・・そうだった・・。」もごもごする洞窟。が、すぐに反撃を始める。
 「とにかく、ダメなものは・・・」吐き気がする。洞窟は興奮するといちだんと泡を吹く。声がスライド方式に高く、金切り声となる。もともと声が割れているので、シャウトすると首をひねられたドラエモンの断末魔の叫びのようだ。鼓膜がかなり不愉快。もう聞きたくない!この錆びくれた金属音をとめなければ・・・・!
 「はい、はい、もう結構です!用事は調整つかなければ休むだけ、それだけですから。欠勤でもなんでもしてください!」
強制終了。泡を吹いたままの洞窟。立ち去る私。

 
 私は一体ココで何をやってるんだろう?この非情かつ理不尽なアホ上司と、そのアホを管理職に選んでいるドアホ社長の下に、どんな未来があるのか・・・???
[PR]
by sayururi0704 | 2004-05-29 22:33 | 妖怪の館

とまらない舌

  その60代の女性は機関銃のようにまくしたてる、とまらない舌の持ち主だった。
  
  毎回まるで別人と話しているかのように、気分のムラが激しく、昨日は最悪にはまり込んでる日だった。ああいうしゃべりを一体何と言うのだろう?電話の向こうのとまらない舌を思いながら、いつしか舌は真っ赤にくねる蛇の舌となり、その舌はくねりながらどんどん伸びて、しまいには狂った彼女自身を今にも飲み込もうとしていた。
 "ちょっと、あなた聞いてるの!?"
"はい、伺っておりますが・・。"我に返る私。そして狂気の舌はまたくねり始める。舌が彼女をどんどん凌駕していくので、しまいには彼女も収集がつかなくなったらしく・・
 "私のしゃべりが早口だから、みんなは私を誤解するのよ!私の早口はいつも、いつだって・・・!"既に彼女は自身を制御不能。OUT!一昨日までは正常だった、昨日またビョウキが出たのだ、でも本人は気づいていない、私はいつもの私よ、そうでしょ?といいたげだ。でも気持ちとは裏腹に、止まらない舌は、薄ら笑いを浮かべて、彼女をどんどん弄ぶ。追いつかない制御、軋む音は彼女の悲鳴。愚かで悲しい・・・。
  結局彼女は自分の注文を全く覚えてないと言い張り、自己都合の返品であるにもかかわらず、送料、振り込み手数料とも支払わぬと騒ぎ、納得のいかない私はいくらクレージーでも甘やかしは無用とつっぱねていたら、これまた無能な上司登場・・・。全部担当が持てと?!絶句・・・・・・。何故会社がもたない?それにそんなことをすれば蛇女をつけあがらせるばかりじゃない!問題はこの蛇女の暴走をこのまま見逃していいのかの一点につきる。ただし、この時点で私の精神状態もかなり毒がまわってて、臭いものに蓋をし、汚いものは部下に押し付けるアホ上司にも嫌気がさし、だんだんどうでもよくなってきつつあった。結果、蛇の勝ち。私はどっぷりとヘドロのようなエキトプラズムに覆われ、疲労、そして消耗・・。
   蛇女は即刻私の顧客リストから削除した。もう誰も彼女を正す人はいない。これでも一年半ほど相手をしてあげてた。私以外誰もここまで扱えないだろう。クレージーだからといって私は優しくしない。他の人と同じように扱う。ダメなものはダメと言う。誰かが最初に彼女を手放したからこうなったと思う。仕方の無い人だと、特別扱いにしたからここまで増長したのだ。手放された時点で彼女はひとりぼっちだ。最後の砦、私も昨日でさよならだ。合掌。  
[PR]
by sayururi0704 | 2004-05-20 23:22 | 妖怪の館

エクトプラズム

傍にその人が来るだけで、何かぐっと息苦しくなるというか、気圧や磁場も変わってしまいそうな人が職場にいます。不幸にも直属の上司ときているから"たち"が悪い。きっとものすごいエクトプラズムを出してるんだろうなぁ・・・・ヘドロみたく・・・。オエーっ、見えなくてよかった・・・(^^ゞ
[PR]
by sayururi0704 | 2004-05-10 22:01 | 妖怪の館

カテゴリ

全体
映画のことなぞ
とどかぬ想い
妖怪の館
ニュース・時事
未分類

ライフログ


ぼくを探しに


ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに


モザイク


アンテナ


コンセント


ミシン


ツインズ―続・世界の終わりという名の雑貨店


ライフ・イズ・ビューティフル


恋する惑星

フォロー中のブログ

あきと@社会人生活2年目
UK Style
SOFIA_ SS
まったりRacing
英国助産コラム
英国家族日記
Trettiotre F...
Fuxokあれこれ
海の向こうで。
デジタル写真館D100
K嬢の写真の小部屋
格ぶろ
自分しか見えへん
ラッパ吹きの雑言
小さく笑って (^_^)
helixlive
ブロガー互助連盟「ヨコの会」
代々木よもやま
のんびり・・・ぽかぽか

以前の記事

2009年 06月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 04月
2007年 11月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧