ホントはもう少し余裕があって然るべきじゃないか~と自問するアラフォーの日常


by sayururi0704

プロフィールを見る
画像一覧

<   2004年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

シンプルなこと

何でも懺悔すればいいってもんじゃないけど
まぁ、懺悔とまではいかなくても告白というか公表というか
そういうものを(生々しいことも何もかも)さらっとというか
しれっと(失礼)できるというか、やりこなしていける人を
時々羨ましく思う(羨ましいんかいっ)
別に節操も恥も外聞も無くさらけ出すことがいいと言っているんじゃなく
こんなことが気持ちがいいとか
こんなことが快感だとか
そういう類の生き物としての根源的なことを
実に楽しそうに(というか実際楽しいんだからしょうがないか)
屈託なく語っているのを読んでいると
羨ましさに身もだえする(嘘)
というかぎりぎりのところでも
公表できるレベルの悩みだからできるのであって
本当に深刻なことだったらそれすらも出来ない
そういう意味で羨ましいと思う。

生きている時間なんてたかが知れてるし
そんな中でやることなんてまたまたたかがしれてる
シンプルに生きたいなぁ・・・と思う
[PR]
by sayururi0704 | 2004-07-29 23:37

夕立あがり

a0018688_23581060.jpg

携帯から更新。どうなってるかな?
[PR]
by sayururi0704 | 2004-07-28 23:59

傷と雛と青虫

どういうわけか
傷の治りが遅い
細胞が再生しない
代謝が止まっている
ぱっくりと開いた傷が今もそのままで
塞がらない
同時に時間も止まったまま
何も再生されない
何も動かない

孵るはずの雛が
卵の中で死んでいるように
羽化するはずの青虫が
蛹の中で堅く干からびてしまうように
誰もが予期するようには
時として明日は来ない

癒えない傷
孵らない雛
羽化しない青虫

どこかに歪みがあって
流れが堰き止められている
[PR]
by sayururi0704 | 2004-07-28 01:26

ラブストーリー

韓国映画を最近見て思うのは、底に輪廻に近い思想、正確にいえば少し違うけれど、親から子へ流れる縦のつながりがとても濃く感じられるということ。儒教による「家」を重んじる思想からくると思うけれど、それに加えて親の歴史の先に子供の歴史はあるっていうのを、常に全面に打ち出している感がある。ちょうどハリウッド映画の根底にキリスト教の教えが常にあるみたいに。

親が成し遂げられなかった事、それは往々にして悲恋ものにありがちな、結ばれなかった恋なんかを、その子供たちが成し遂げるといったような。このパターンはワンパターンといえばそれまでなんだけど、何度見ても泣く。さらさらと涙が流れる。成し遂げられなかった、結ばれなかった想いはおそらく時空を彷徨う。まるで成仏できない霊のように。そして彼らの子供らが偶然に出会って同じように惹かれあい、結ばれることで、やっと想いは着地する。成仏し仏となるわけだ。

成し遂げられなかった想いは、激しくいちずな愛に裏付けされているから、こんなにも揺さぶりをかけられる。胸の鼓動とか、たまらなくなって走ってしまうせめぎ合う切なさとか、シンクロし、涙が止まらない。
[PR]
by sayururi0704 | 2004-07-26 22:44

問い

時間は・・・今だ動き出す気配はありません・・・
一体どうすればいいですか?>toranosuke
[PR]
by sayururi0704 | 2004-07-25 23:20

すり替わるもの

磁場が歪むほどの悲しみがあったとする
私はその悲しみに共振しともに悲嘆にくれるが
あまりにもその歪みが強すぎて
自分の息までが苦しくなる
どんどんどんどん歪みが私を押しつぶし
たまらなくなって私は叫んでしまう
その時私は
悲しみを生み出しているその人に軽く憎しみを抱いてしまっている
悲しみを生み出した状況を憎み共に恨んでいたのに
なんてことだ!
私は弱い
結局この程度だ
本末転倒の憎しみの
あっけないすり替わりを
とても情けなく思う
こんな・・・この程度なら最初から人の悲しみに寄り添うべきではない
私はいつも自分の非力さと
俗っぽさと
なのにすぐに
巻き込まれてしまう学習のなさを不甲斐なく思う

ほんのちょっとしたきっかけで
怒りや悲しみのベクトルは変わる

戦争は反対だ
でも声高な反戦運動や
戦死者の写真の羅列や
ましてや被爆者の写真や
そういうものに対して
きちんと向き合えない

ヒステリックなシュピレヒコールが煩いだの
お陰で道をふさがれて電車に乗り遅れただの
ささいな事をきっかけに
本来なら賛同すべきことに逆にいらだちや軽い憎しみを覚える

すり替わってる

そう気づいた時に
自分の小者さに
俗っぽさに
情けなくて消え入りたくなる

いろいろ言ってたってこの程度かと
這い上がれないほど
凹んでしまう

すり替わらずに
受け止められる
強い自分がほしい
[PR]
by sayururi0704 | 2004-07-23 00:03

K君のこと その3

a0018688_23222861.jpg というわけで(どういうわけだ)CD本日届きました。もっと激激したものかと思ってたら・・・バラードもあり、メロディラインがすんなり入ってくるものが多かった。すーっと染みこむ感じ。やっぱり(当たり前だが)小公子は立派な男子になってました(笑)
  うち3曲はここから視聴できます♪ 
[PR]
by sayururi0704 | 2004-07-20 23:08

マイナー

 あまり多くの人と浅く広くつき合うというのがもともと苦手で
 立ち寄るブログも数えるほどしかなく
 だからこそそのわずかな場所で更新がなされていないと
 なんだかしゅん・・・・となったりします
 
 というわけで自戒の念を含めて
 本日更新
[PR]
by sayururi0704 | 2004-07-20 00:13

「トニー滝谷」クランクイン!

a0018688_173953.jpg 「トニー滝谷」我が敬愛する村上春樹氏の原作。「ダンス・ダンス・ダンス」と「国境の南 太陽の西」との間に書かれた短編小説。 ちなみに「レキシントンの幽霊」のカバーにTONY TAKITANIの黄色いTシャツが写ってたらしい・・・・うっ・・気づかなかった。
  ともあれ、キャストがまたステキ♪トニーがなんと(!)イッセー尾形、妻とバイトの女性一人二役の宮沢りえ、音楽は坂本龍一(またまた♪)、監督市川準、まるで私プロデュースかというくらいお気に入りのメンバー勢ぞろい(笑)
  映画は8/29日クランクイン、クランクアップは9/14日。今から楽しみ~!!
[PR]
by sayururi0704 | 2004-07-17 13:22 | 映画のことなぞ

小悪魔を超えた?

ワタシは小悪魔sofiaさんからトラバさせていただきました。結果は
 
アナタハ悪魔デス


あなたは相当な悪魔ね。
小さな頃から悪餓鬼で、15になる頃には既に
不良と呼ばれていた(いる)ことでしょう。

大抵の悪事には手を染めてきたあなた。
しかし、未だ完全な悪にはなりきれていないわ。
あなたは認めたくないかもしれないけれど、
時々、人間的な弱さが、見え隠れすることがあるの。
でも、それが不思議な魅力となって、
堕天使候補な人を惹き付けることもあるんだけどね。

このまま突き進むもよし、現状維持もよし。
はたまた、悔い改めて路線変更するもよし。


なんとなぁ・・・控えめに答えたんだけどなぁ(ぼそっ)
じゃ、控えめじゃなきゃどういう答えが・・・・(汗)

というわけで落ち込んでもかまわない方は
ココからどうぞ♪
[PR]
by sayururi0704 | 2004-07-17 12:25

カテゴリ

全体
映画のことなぞ
とどかぬ想い
妖怪の館
ニュース・時事
未分類

ライフログ


ぼくを探しに


ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに


モザイク


アンテナ


コンセント


ミシン


ツインズ―続・世界の終わりという名の雑貨店


ライフ・イズ・ビューティフル


恋する惑星

フォロー中のブログ

あきと@社会人生活2年目
UK Style
SOFIA_ SS
まったりRacing
英国助産コラム
英国家族日記
Trettiotre F...
Fuxokあれこれ
海の向こうで。
デジタル写真館D100
K嬢の写真の小部屋
格ぶろ
自分しか見えへん
ラッパ吹きの雑言
小さく笑って (^_^)
helixlive
ブロガー互助連盟「ヨコの会」
代々木よもやま
のんびり・・・ぽかぽか

以前の記事

2009年 06月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 04月
2007年 11月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧