ホントはもう少し余裕があって然るべきじゃないか~と自問するアラフォーの日常


by sayururi0704

プロフィールを見る
画像一覧

<   2004年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

子供はスゴイ

終日台風に封じ込められてしまったので、
雨戸の閉まった部屋に一日中閉じ込められてしまうと
閉所恐怖症の私としてはかなりフラストレーションが溜まってくる。
午前中までは子供のように急な休みに浮かれていたが
さすがに午後からはかなり息苦しくなってくる。
おまけに夏休み中の姫(姪7歳)が
トイレまで追跡してくるほどべったりだと
さすがに臨界に達する。
もちろん彼女には全く悪気は無いのだが
ブログの更新をじっと傍らで読まれていたりすると(名探偵コナンを読破している彼女はほぼ支障が無いくらい漢字が読めてしまう)
かなりやりにくく
内容を変更せざるをえなかったり
ネットサーフィン中、質問攻めにあったりと
かなり消耗してしまい
ついに陥落!・・・・・PCを彼女に明け渡した。
というのも彼女のお気に入りのゲームサイトをしたいが為の
ソフトいやがらせ(笑)だったものだから・・・・・。
私はその後うとうとしてしまい
気が付くと彼女は「全ステージをクリアーを3回したよ!」と頬を紅潮させて
私を揺り起こしていた。
「楽しかったぁ~~、ありがとう!」

その後夕食をとり、やっとPCを奪還できた私は
早速立ち上げるが・・・・・何度やっても接続できない・・・・?
いきおい、そのいらだちの矛先は姫に直撃する。
「何もやってないよぉ~」と言われれれば言われるほど苛立ちはおさまらない。
そんな状態だったので
とてもじゃないがお風呂にいれてあげる気になれず
「おじいちゃんとはいんなさい!」ときつく言ってしまう。
彼女が部屋から出て行った後、モジュラーの差込が抜けてた事が判明する。
彼女が何度も椅子の乗り降りをしてるうちに抜けてしまってたようだ。
問題が解決すると急に罪悪感を感じ
風呂場へ直行するが
母が既に彼女をお風呂へいれており、お呼びではなかった。

そしてその後、ひとりで風呂に入ろうと脱衣所に入ると
彼女は戸を開けて
「今から入るの?」
うん、と私
「じゃ、38(℃)にしといてあげるね~♪」

参ったな・・・・・・と思った。
大人だったらずるずると後をひきそうな言い合いだったのに
けろっとしている、笑顔だし
いつもの姫である。
こんな時子供はスゴイと思う。
情緒が一定というか乱れない。
"ぶれ"は瞬時にして戻される。
これはものすごいことだと思う。
そのスゴイことを子供はこともなくやってのける。
いつもながらあっぱれと思う。

そしてこればっかりは
どうあがいても真似できそうに無い。
[PR]
by sayururi0704 | 2004-08-30 22:56

自宅待機

いよいよ台風上陸で、電車が始発から運行見合わせ、
本日、自宅待機となる。
思わぬ休養(喜)
こんなことだったらビデオいっぱい借りとくんだったぁ~(^_^)
[PR]
by sayururi0704 | 2004-08-30 11:00

台風16号接近

a0018688_10441780.jpg
a0018688_10451484.jpg
a0018688_10465319.jpg
台風16号接近。しかしあきれるほどきれいな夕焼けに、雨戸を閉める手がしばし止まります。
[PR]
by sayururi0704 | 2004-08-29 19:23

れもんちゃん

もう7年くらい前になるだろうか
私と友人の行き付けのバーに彼は居た。
目つきの鋭い彼はデビット伊藤と金城武を足して二で割ったような
かなりの美形であり
しかも細くて長い指の持ち主で
その指がシェーカーを振ったり、グラスぎりぎりにカクテルを注ぎ込む様を
うっとりと見つめていたものだ。
最初に彼を紹介してくれた私の友人はもちろんもっと熱い視線を
いつも彼に注いでいたのだが・・・。
その、いかにも都会にしか、しかも夜限定でしか生息しない刹那的美しさを纏った彼が
実は私と同じ地元出身者であったことは少なからずオドロキであった。
しかも彼の実母は地元駅のすぐ傍のマンションに今も住んでいると聞いた。
あんな田舎産でこんなカオがあったことはその後何度反芻してもしっくりこなかった。
で、本名を尋ねてみると、いつも決まって
営業的な半分さめた微笑を浮かべながら
「○○ れもんです。」と答えたものだ。
その後何度聞いても同じ答えだった。
○○は本名だったのだろうか・・・・
にしても、れもんねぇ・・・・といつも苦笑してしまったのだが
だんだん本名でもゲンジナでもどうでもよくなってきた。
その美しい人は"れもんちゃん"以外何者でもなかったから・・・・。

彼はその後そのバーを辞め
とあるホテルの1階のラウンジバーに勤めた。
そしてしばらくして彼は郊外に自分の店を持つことになり
そこも去ることになった。

その頃彼にパトロンがいることを知る。
かなり豪快な、男っぽいおばさんだったと友人は言った。
押しの強い感じで、繊細な彼とがさつな5、60代のおばさんが
とても不釣り合いで
想像しただけでも不愉快だった。
いろんな意味でかなり彼に入れ込んでいるらしく
養子の話もあったと聞く。
というよりも・・・・
彼がトイボーイであったであろうことは
想像に難くなく
かなりの衝撃でもって私を打ちのめした。
大人の世界を少し垣間見た気がした(歳だけは十分すぎるほど大人だったが)。

その後彼の店を何度か尋ねてみようと思ったが
その遠さにくじけてしまい、断念してしまった。
というわけでそれ以来彼と会うことは一度も無い。

彼がバーテンをする前に店長を務めていたブティックは
今は建物だけがかろうじて残ってはいるが
もう廃店となった。
バブルの頃はかなりはやったデザイナーズブランドだが
今はただひっそりと虫の息だ。

一度まだ明るい夕方に
出勤前の彼と友人とで
店の外で会った時に
初めて彼の私服姿を見た。
細い体にぴったりと纏われた白いシャツブラウスの
繊細なフリルが
とても彼を象徴していた気がする。
[PR]
by sayururi0704 | 2004-08-29 11:52

追いつけない

舌がもつれるように
時々言葉がキーボードをはじかない
言いたいことが無いわけではなく
言いたいことの切り出し方がわからない
言いたい口にチャックされてるみたいで
急がなければ遅れるのに足踏みばかりしているみたいで
その焦燥感ったらない

言葉を飛び越えて
想いがどんどん先を歩いていくと
もう追いつけない


 
[PR]
by sayururi0704 | 2004-08-27 00:49

勝算の無い試合

勝算のない試合に出なければならない時がある。
初めからそれはわかっている、それでもなお出場を辞退できない。

別にMというのではない。
負けフェチ(そんなものがあるか)というのでもない。
出なきゃいけない、
何かが背中を押すんだなぁ・・・・。
うまく説明できないけど
これまで何度もそういう試合に出てしまった。

そして予想に反することなく
完膚なきまでに完敗するのだが
それでも私はやめられない。
私の向かう先は一体どこにあるのか?
ひとつだけはっきりしていることは
無様でも負けてしまった後にある
清清しいまでの充足感というか
それはかっこ悪ければ悪いほど
生きてる実感にあふれている気がする。

そんなものがノルアドレナリンとなって
また今日も
私を負け戦に突撃させてしまうのだろう。
[PR]
by sayururi0704 | 2004-08-25 23:29

オカルト歯科医師とはなんぞや

歯臓治療よそおう オカルト歯科医師
これまたなんとぶっとびですな~・・・・。う・・・むどこからか「最高ですかぁ~?」の声も聞こえてきそうな・・・・同じ匂いを感じてしまいます(笑)
福岡の歯科医師って一体誰なんだ?
どうせ聴衆を魅了しようと思うならもっと説得力のある話つくれんかなぁ・・・・。
これじゃつぎはぎだらけ、受け売り問屋じゃん。
[PR]
by sayururi0704 | 2004-08-24 23:03

空港 その二

a0018688_14503199.jpg

だんだん浄化されてきた‥。
[PR]
by sayururi0704 | 2004-08-23 14:48

空港 その一

a0018688_14464946.jpg

今日は頑張って病院ニ軒はしごしたので、どっぷり‥(汗)。  いろんな負のエネルギーをまとったので、空港に来てみた。わかりにくいけど、飛行機、これでも精いっぱいのズーム(汗)。
[PR]
by sayururi0704 | 2004-08-23 14:45

収支決算(自爆再び)

ここへきてあわてて収支決算でもするかのように
体の変調が立て続けに起きる。
別にブログに残すことでもないと思うのだが
ここ最近の私の行動を左右するものだし
ちと触れておく。

以前にも書いたけど
子宮内膜症も今だ爆弾をかかえた状態で
ただ時間稼ぎの痛みを先送りするホルモン治療を半年終え
いよいよもう時期あの死闘が再開される予定・・・・なのにもかかわらず
また(!)あらたな爆弾をかかえこんでしまってたらしい。
10日ほどまえから体調を崩し
やっと昨日病院へ
エコーにうつった二つの塊・・・
今度は腎臓に石が出来ているらしい。
点滴後、即月曜のレントゲンを言い渡される。
おいおい今度は腎臓かよ・・・
自爆もここまで念入りに爆弾抱え込む必要が一体どこにあるのかよって感じ

しかし次々といろんな決算報告がなされるが
最終的にいつも言われるのが
"ストレス"
抱え込む問題は放り出すわけにはいかない
私が生きていく以上はすべてを抱き込むしかない
仕事も私を取り巻く諸々の事も
回避は不可能だ
しかもどんどん巻き込むものは増える一方だ
消化されなくて
"おり"のように溜まった問題が
石となり、意味なく異常に肥大し続ける内膜となり、
私に強烈に直訴している
強烈な痛みを伴って・・・・。
ただ、それでもなお
私は今の生き方を誰かの人生ととっかえっこはできんのよと
しおらしく頭を垂れて、自分の体に詫びをいれる。

しかし相当"おり"が溜まってるんだろう気はする、ここまでくると。
こうなったらとことん臨戦態勢でのぞむ覚悟だが
ホントのとこネゴシエイターでも雇いたい
まぁまぁそうムキにならんと~とホントはなだめて鎮めたい
できることなら・・・ね。
[PR]
by sayururi0704 | 2004-08-22 13:52

カテゴリ

全体
映画のことなぞ
とどかぬ想い
妖怪の館
ニュース・時事
未分類

ライフログ


ぼくを探しに


ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに


モザイク


アンテナ


コンセント


ミシン


ツインズ―続・世界の終わりという名の雑貨店


ライフ・イズ・ビューティフル


恋する惑星

フォロー中のブログ

あきと@社会人生活2年目
UK Style
SOFIA_ SS
まったりRacing
英国助産コラム
英国家族日記
Trettiotre F...
Fuxokあれこれ
海の向こうで。
デジタル写真館D100
K嬢の写真の小部屋
格ぶろ
自分しか見えへん
ラッパ吹きの雑言
小さく笑って (^_^)
helixlive
ブロガー互助連盟「ヨコの会」
代々木よもやま
のんびり・・・ぽかぽか

以前の記事

2009年 06月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 04月
2007年 11月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧