ホントはもう少し余裕があって然るべきじゃないか~と自問するアラフォーの日常


by sayururi0704

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2006年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

わかりあえるということ

「バカの壁」とは少し違うが、やはりわかりあえない現実というものがある。
今月はその壁に打ちひしがれ、疲れきった、今もそうだけど。

わかる為には、まずわかろうとする気持ちがなければ無理だ、始めに。
わかろうとする気持ちは、すなわち優しさであり、愛だ。
私が理解されていないと言うことは、すなわち愛されていないということだ。
それは合わせ鏡として私が愛してなかったということにもなるんだろうか・・・。
それが肉親だったりすると、かなりきつい。

いろんな修羅場を経て、神経衰弱ギリギリの綱渡りの中で、いつもぶれない、変らない愛で、確実に後から支えてくれる父には感謝、そして感謝。

いつも思うんだけど、父とは同じ魂のグループという気がする。
だからこそ昔は、激しく反発をしたんだと思う。
自分と似すぎて無意識に嫌悪感を感じてたんだろう。
この歳になって、父の気持ちが自分のことのようによくわかる。
同じことに怒り、同じことに心を痛める。

今日、発した彼の怒りの発言は、私がまさに言わんとする事だった。
父の口を借りて、私が喋ったのかと思ったほどだ。

ありがとう、同じ魂の人。
いつも確実に後ろで受け止めてくれてて、ありがとう。
黙って、信じてくれててありがとう。
どんな結果でも、最終的には丸ごと引き受けてくれてありがとう。
[PR]
by sayururi0704 | 2006-02-23 23:35

川を見ていた。
こちら側の川岸に、弟と二人ならんで川を見ていた。
川を見ていたのか、川の向こう岸を見ていたのかはわからない。
何を二人で話していたんだろう。
そうやって、何日か二人でぼんやりその川岸に佇んで、川を見ていた。
間もなく、傍に弟がいなくて、私は一人で川を見ていた。

その日、弟が亡くなった。

二年前の冬の朝だった。

その川にかかる橋のたもとに私はいまも訪れているらしい。
何をしに、何を言いに、佇んでいるんだろう。

言いたい事はたしかに山のようにある。
肝心な時に、傍に居て欲しい時に、そこにいない。

絶対に失ってはならない、かけがえのない人たちをあっけなく失ってしまう時、そのあまりに大きな喪失感はいつまでたっても埋まらない、じくじくとした生々しいままの傷として癒えることが無い。

私は生きてとりあえずココにいるけれど
未だに聞いてしまう、大好きだった姉や兄、弟に。
ここ最近はまた特に聞いてるかも。
どこに向って私は喋ってるんだろう、訴えてるんだろう。叫んでるんだろう。懇願してるんだろう。
空をかいて、もがいてる。
ずっとずっと話しかけてる。

ねぇねぇ・・・・姉ちゃん、どしたらいい?

ずっと子供の頃、歳の離れた姉にくっつき虫だった頃の自分の姿で。

今聞きたい、今ここにいて欲しい、愛しくて気が狂いそうな人たち。


そして、私は今日も川のほとりに立つのだろうか・・・・。
[PR]
by sayururi0704 | 2006-02-21 22:39

交換条件

昨夜のサイエンスミステリーで、脳卒中で倒れた後、突如創作意欲がとめどなく湧き出した男性のケースがあった。
壁と言う壁、少しでも隙間があれば絵を描きたくなる、いたるところに浮き上がる顔・・・・。

ドーパミンの以上放出。これが創作意欲に対するドーパミンだったからよかったようなものの、快楽や恍惚感は何に対して起こるかわからないだろうから、一つ間違えば凶悪犯にもなりえるわけだ。

一体ドーパミンが出っ放しってどんなだ? 気持ちいいがずっと続くってことだから本人は良さそうなもんだけど・・・。ただしそこで、一つ交換条件のように彼は「愛すること」がわからなくなった。

こんな時いつも思う、かなわないな・・・そうくるかって。サムシング・グーレート、想像の及ばない偉大な力の起こす奇跡には、生きる意味の根源を問いただされるというか、強烈な揺さぶりだ、私たちにとって。
[PR]
by sayururi0704 | 2006-02-19 11:55

おんなじもの

ドラマ「小早川伸木の恋」、妻役の片瀬那奈がどっきりするくらい不安症で嫉妬深い役で、一度チラッと見ただけで、どっと疲れて全然見てなかった。

先週、何気にチャンネルを変えてたら、たまたま彼女が夫役の唐沢寿明に「女はほおって置かれると死にたくなる生き物よ。」と言ってた。ストンと落ちてしまった。それは不安症なんかじゃなく、ただの女の叫びだったから。そしてまさしく自分の中にあるものだったから。
[PR]
by sayururi0704 | 2006-02-19 11:00

落っこちそう

薄皮一枚のところで、ギリギリふんばってるというか、留まってる、そういう危ういラインを奇跡的に渡ってきた。

今日は考える事を止める為に、買い物リストを持って、買い物へ行った。
なのに、商品を見比べているうちに頭がぼーっとなり、気がついたらたちくらみがしてた。

ちょっと気を抜くとすぐに、深いとこへ落っこちてる。
やれやれとまた引き上げる。
落っこちては引き上げる、この作業を繰り返す頻度が多くなった。

どうせとりたてて残すものが無いのなら、いっそのことその手の中に握り締めてるもの全部手放してしまえと悪魔の囁き。

まだ諦めるわけにはいかない。
かっこ悪くても、進み続けなきゃダメだ。

落っこちるな、捕まるな、ソコ、ソイツ。
[PR]
by sayururi0704 | 2006-02-18 23:28

うけた・・・・

Excite エキサイト : 社会ニュースもう、これ、爆笑!! ダビングして、重ね撮りしたのバレバレやん(笑)。この後、この人しばらくこのネタでいじられるやろなぁ~^_^;それにこれじゃあ、違反者講習というより、特典じゃん。 ちなみにここへは今度は来年行きます・・・・はい、地元ネタでした(笑)。
[PR]
by sayururi0704 | 2006-02-16 22:03

帰りの電車でつり革につかまって立ってると、ぎょっとすることがある。
窓の外はまっくらなので、鏡状態と化した窓ガラスに、すっごいくたびれたブルドックがいるなぁ・・・・と思って、じっと見たら、向こうもじっと見つめ返してきた。ぎゃ~~!! 私じゃん!
蛍光灯の光を真上から受けてるから、目の下の窪みや、頬のたるみによる陰影が、嫌味なくらいはっきりくっきりと窓に映ってるのだ。

似たような驚きで・・・・
家でTVを見てて、例えばドラマなんかで女優の顔をずーっと見てて、ふと傍にあるサイドボードのガラスやなんかに自分の顔が映ってると心底ぎょっとしたりする。頭の中は画面の女優で占領されており、急に異質な顔が目の前に現れると、ホントびっくりする。

自分の顔は鏡でしか見えないので、日頃、意識下にない。
自分にくっついてるものなのに、自分でいつでも見れないなんてとても変だと思う。見えてないから責任がとれないんだよ~んなんて言い逃れしたいくらい、時々だらしない顔に成り下がってる。意識が無い証拠に、時々何の前触れもなく、自分の顔をこうしたなにかの拍子に見たりすると、心底驚いてしまう。見えないものは、イメージとしてとらえる。顔もそうで、朝鏡で見た顔のイメージを持つ。イメージはあくまでもイメージなので、時間がたてば変化していく。その変化したものと、現実の顔がどんどんかけはなれていってしまう。

それに、一番のIDなのに、本人が常時見れないなんて変だなぁ、不安だし、フェアじゃないぞぉ~などど思ってしまうのは私だけ?
[PR]
by sayururi0704 | 2006-02-15 22:33

女はすごい

先週の土曜、三越の地下へチョコを買いに出かけた。
予想はしてたが、前に進めないほどの人だかり、女、女、女だらけ。
職場の上司や同僚、亭主や、恋人、若い子よりも以外におばちゃんが多かったりする。
おばちゃんはスゴイ、精力的に試食する、そして買う、結構な数。OLに負けてないかも。

女の波の中でつくづく思う。

女はスゴイ!!

あの手、この手で男をゲットして、今度は命がけで出産して、育てて、その間亭主の手綱を上手いこと操り、家をきりもりし、やっと子供が巣立って、亭主が家で抜け殻のようになってる時も、さらなるバージョンアップをなしとげ、女友達とつれだってデパ地下めぐり・・・・。

ホント、女は元気。どこへ行っても。
なんせ出産するんだもんなぁ~元気なはずだわな。
[PR]
by sayururi0704 | 2006-02-14 22:22

話はそれるけど・・・・・

a0018688_21254767.jpg

昨日またおなじみの平山温泉へ行ってきた。今回は湯の蔵温泉で、日帰り入浴と泊まり客用が別になっている。泊まりは、6棟の離れがあり、なかなか情緒たっぷり、今度は泊まりで来ようと思った。
温質は平山特有のとろみのあるお湯。帰ってからもまたまたしと~と吸い付く感じの肌に♪

ところで、いつも温泉に行く度に思うんだけど、体って顔と同じで、ホント千差万別だね。
特に胸! 別にいっつもまじまじと見てるわけではないけど、自分の胸にコンプレックスがあるから、目に付くのか・・・まぁとにかくいろんな形があるもんだとつくづく感心する。
単にお椀型とか釣り鐘型だけじゃなく、その中間だったり、あと乳輪の大きさとか、乳首の形や大きさ、色も違うし・・・・。はぁ~~なんて時々声に出しそうになったりして(笑)。だってホントに色々なんだもん、おんなじ二個のカタマリなのに・・・・・。それに乳房ってくらいだから、本来お乳を出すものなのに、どうして男は胸にこだわるんだろう。おっぱいの出る、子供のいっぱい産めそうな女を本能的に求めているのかね、やはり。でもそうすると、おっぱい大きい=おかあさんって感じがして、セックスアピールにならないような気がするんだけど・・・・。
[PR]
by sayururi0704 | 2006-02-13 21:25

今朝のぷちショック

私の場合爆笑しましたとは言えない出来事が・・・・。それは今朝の出来事・・・・・

休みの今朝、さんさんとふりそそぐ朝日を窓から眺めながら、何気に傍にあった手鏡でぼんやり顔を見ていたら・・・・・なんと左目の下にうすら黄色いシミが・・・・!!目の下の窪みの傾斜の部分に出来てる為、角度によってはわかりにくいんだけど、確かにソレは出現してた!

母譲りで肌には、わりと自信があった。キメも細かく、色も白い、シミひとつなかった。
・・・・が、その肌に訪れた最初の異変が・・・忘れもしない10数年前に行ったハワイから帰って数ヶ月後・・・。右目の横に突如現れた・・・・シミ!! ハワイの紫外線量は日本の比ではない、日焼け止めはたしかに塗ってはいたが、あの開放感だ、だんだんテキトーになり、しかも、日に何度か塗りなおさなきゃいけないらしいが、朝一回塗ったら、ハイおしまい! しかも途中、海やプールに入ったりしてるし・・・・まぁいい加減だったわけで・・・・。とにかく自分にもシミというものが出来てしまったことに少なからずショックを受けた。

そしてまたくしくも10数年後の朝、今度は左目の下にまたみつけることになろうとは・・・・とほほ。
[PR]
by sayururi0704 | 2006-02-12 12:17

カテゴリ

全体
映画のことなぞ
とどかぬ想い
妖怪の館
ニュース・時事
未分類

ライフログ


ぼくを探しに


ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに


モザイク


アンテナ


コンセント


ミシン


ツインズ―続・世界の終わりという名の雑貨店


ライフ・イズ・ビューティフル


恋する惑星

フォロー中のブログ

あきと@社会人生活2年目
UK Style
SOFIA_ SS
まったりRacing
英国助産コラム
英国家族日記
Trettiotre F...
Fuxokあれこれ
海の向こうで。
デジタル写真館D100
K嬢の写真の小部屋
格ぶろ
自分しか見えへん
ラッパ吹きの雑言
小さく笑って (^_^)
helixlive
ブロガー互助連盟「ヨコの会」
代々木よもやま
のんびり・・・ぽかぽか

以前の記事

2009年 06月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 04月
2007年 11月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧