ホントはもう少し余裕があって然るべきじゃないか~と自問するアラフォーの日常


by sayururi0704

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

学びなおし

何かを学びなおす為に、また現世に生まれ変わっているとしたら、
私は一体何を学びなおそうとしてるんだろう・・・・・。

揺ぎ無い確かな幸せなんてどこにも無いかもしれないけれど
そのカケラすら手に入れていない、現状をどう捉えればいいんだろう。

蟻地獄のような寂しさに足を掬われそうになりながら
何度も這い上がってきたけれど
這い上がる気力も無いほどに
寂しさの度合いが大きくなりすぎた。

私はそれでもまだ
学びを続けなきゃだめですか?
[PR]
# by sayururi0704 | 2006-05-27 14:19

久々の…。

Nステのスポーツの前までは記憶があった。軽く横になっただけのつもりが、ブラインドから漏れる明るい日差しで目が覚めた!しまった…PC立ち上げたままだよ…(涙)。何ヵ月ぶりかな…やらかしたの(=_=)。
[PR]
# by sayururi0704 | 2006-05-24 07:34

雑感

仕事中、突然大きな波のように、寂しさと空しさが入り混じってどどっと押し寄せる。
悲しくて、泣きたくなるのを堪えてると、
自ずと固まってしまう。
PCでなく、私がフリーズして、営業にならない。
ホント洒落になんない。


芯から鉛のようになった自分ごと
どっかに放りたくなる。


いつの間にか二人分生きているのに
一人分の人生も全う出来てない気がする。
[PR]
# by sayururi0704 | 2006-05-20 00:23

許せない

Aさんは入社当初からのお付き合いだった。
会社の主力商品である青汁をずっと飲んでいただいていた。
その青汁以外はほとんど買われなくて、ただそれが本当に好きで、気に入って飲んでもらっていた。

主力商品、それは会社の顔であり、その品質を維持し続けることが何よりの誇りと誠意ではないか・・・・?

長く飲んでもらってるお客さんには、その時々に変る味や色の指摘を受けることがあった。
もちろん野菜だから、その収穫時期によって色の濃さは若干変るのは否めないことだけど、それ以上の変化を時々指摘を受けた。

実は、会社は社員にすら製造工場を明かしていない。
何度聞いても、静岡の某所としか言わない。
こんな会社が存在してることが入社当時から不思議でならなかった。

品質が一定でないのは、一円でも多く荒利を貪ろうと、少しでも安く作る工場を探しては鞍替えしているせいだろう。
そして鞍替えし続けていくうちにオリジナルレシピはどこかへ消えうせ、今や発売当初とは似てもにつかぬ味となったのではないか?

去年の秋頃、Aさんから青汁が黄変し、藁のような匂いが強いと指摘を受けた。
お詫びをし、至急代替品を送った。
代替品が手元に届いた頃、再度電話を入れてみた。
いつも明るく、優しいAさんの声が消え入りそうだった。
なんと・・・・・代替として届けた商品も全く同じように黄変していたというのだ。
代替品までも、商品管理へ調査の為返送していただくはめになろうとは・・・・。
お詫びをしながら、情けなくて涙が出そうだった。
Aさんとは仕事抜きで、色んな話をしてきた。
大好きなお客さんだった。
単価の上がる上顧客とは別の意味での私の大事な上顧客だった。
あんな声のAさんは、入社以来始めてだった。
何度も悲しく頭を下げ、電話を切った。
その後怒りを込めて会社側に今回の不始末の調査を依頼した。
数週間後、A4用紙にほんの半分程に書かれた、申し訳程度の検査報告書を渡された。
黄変の率を記した後、

「若干数値は高いが、保管状況にもよる」
自分らが用意した商品だ。保管も何もお客さんの手に届いてすぐの物。もしもそれが保管云々というのならお前らの保管の責任だろうが!!

そしてさらに腹立たしいことにたった一枚の簡単なお愛想程度の報告書ですら、さんざんこの件で頭を下げた、担当の私にではなく、商品管理部は直の上司に渡しており、私が報告を知ったのはしばらくたってからだ。

そしてその後、会社側から、Aさんに商品の不備に対する謝罪の言葉も、検査説明文もなかった。返金を受け付けただけでクレーム処理が終わったとでもいうつもりか・・・・!!

Aさんは、青汁と、私が好きだったと言ってくれた。

私は絶対許さない!

営利だけを追求し、お客さんをコケにし続けるこの会社に未来は無い。
[PR]
# by sayururi0704 | 2006-05-16 22:51

責任逃れ

今年の二月に、「キリン細胞壁破砕アガリクス顆粒(販売者:キリンウェルフーズ(株))」について、製品の摂取目安量の約5倍から10倍程度の量を与えられたラットで、発がんを促進する作用が認められた件で、うちの社の顧客からも問い合わせがあった。

その中の一人に私の顧客がいた。
ご主人が癌で以前他社の高額なアガリクスを飲んでいたとのことだったので、
一年前くらいから、安価な自社のアガリクスを勧めた。
病床のご主人に、奥様が購入されてた。
そのご主人が去年の暮れ頃に亡くなった。
問い合わせはご主人の亡くなった原因はアガリクスにあったのではないかという内容だった。

当初この問い合わせ処理は上役連中がやっており、担当はタッチしてなかった。

その後どういう処理になったのかPCを見てみると返金となっていた。
これではまるで回収と変らないではないか?

この件はその後、以下の大手二社で再調査した結果
 (1) 仙生露顆粒ゴールド(販売者:(株)サンドリー(注))
栄養補助成分を添加した形態
 (2) アガリクスK2ABPC顆粒(販売者:(株)サンヘルス)
菌糸体培養物を顆粒にしたもの
結局発がん性の疑いのあるものはキリンだけだった。
そしてキリンは即自主回収に踏み切った。
今回、即返金を受付れば、その危険性を認めたようなものだ。
ちなみに今回の実験はラットによる物で、しかも通常の摂取量の五倍から十倍を与えた場合の結果なので、実際人が規定量飲んでいた場合に危険性があるのかと言えば疑問だ。
何故文書による説明と心配をおかけしたことへのお詫び文を送らずして
安易に返金だけを行うのか・・・・・・・。

今日久々にその顧客から電話が入る。
名前を名乗るといきなり電話が切れた。
キャッチかなと再度電話すると
「あなたとはもう話したくない。」と言われ、また切られた。
完全に今回の件で逆恨みだ。
しかし何故担当が責任追及を受けなきゃならんのだ?
二月はまだ詳しい状況が調査中と、さんざん説明書類を顧客に送ってというのも聞かず、
そして今日再度その件はどうなったか会社側に詰め寄ると・・・・・・なんと三ヶ月もたつのにまだ何も書面上の説明はなされてなかったと!!??

ああこのク○会社ときたら・・・・!!
すべての問題を担当に負わせ、責任回避どこまでやりゃ気が済むんだ!?
そしていざという時、盾代わりに、社員を立たせる素早さは天下一品ときてる。

あいつら・・・!!
[PR]
# by sayururi0704 | 2006-05-16 00:32

カップ付き下着

四月から四年生になった姫は
最近胸の膨らみが少し目立つようになってきた。
今日はそんな姫の為に妹が新しい下着を買ってきた。
ちょっと水着を思わせる、裏に取り外しの出来るカップ付きの下着だった。
今はこんな下着があるんだぁ~・・・とつぶやきながら、
早速試着している姫をながめた。
カップがどうも違和感があるみたいで、何度も上げたり、下げたり、引っ張ったりしている。

私の時代はこういう下着はなかったから、カップとの出会いはブラを買ってもらった時だから中学生の頃かな・・・・うんうん確かに違和感あったよなぁ・・・・。

母と叔母、おじいちゃんの見守る中照れくさそうな姫。
でもどこか嬉しそうでもあり・・・・。

その後結局脱ぐことはなく、ずっとそのまま新しい下着を着けたままで
時々両手で両方の胸を下から軽く持ち上げたりしては
首を傾げてる。

もう可愛くて、おかしくて・・・・・。

でも笑っちゃうととっても怒られてしまうので、
見てないふりして、必死で下を向いて笑いをこらえてた。
[PR]
# by sayururi0704 | 2006-05-15 01:26

雑感

ひとりで処理しきれない、溢れかえった問題を両手いっぱいに抱え込んでしまうと
口内炎が満開になる
二年前の四月
おびただしい数の口内炎が次々と花開いた。
そしてついに勤務中にきりりと強い差込みが来た。
初めて飲んだ胃カメラの画像
胃壁におびただしい数の口内炎・・・・とほぼ形の同じ潰瘍。
同じ地続きだからね、全くおんなじなんだと思った。
今もそんな状態に胃壁もなりつつあるんだろうな・・・・。

毎日一斉に響き渡る60名の声の中
その激しい騒音が消える瞬間がある。
水中から水面を見ているような
画像は見えるが音が無い
そして意識はさらに遠のき
いつの間にか浮いている
呼び戻さなきゃと思う
いっちゃうよと思う
友達の同僚の後姿が目に入る
最近お気に入りの水色のバレッタ
営業に熱が入ると大きく揺れる
ああ・・・・!!
意識が戻る
ここ何日かこのバレッタに救われてる。

今夜は帰宅前に病院へ寄る。
病院は苦手だ。
エネルギーを吸い取られてしまう。
何をしたわけでもないのに
病院を出ると
物凄く消耗してる

今夜も雨で
洗濯物が乾かないな
雨に濡れ重くなったジーンズの裾を
うらめしく見つめながら思った。
[PR]
# by sayururi0704 | 2006-05-10 23:51

谷底

覗いてはならない、その谷底を時々覗いてしまいたくなることがある

ふらふらと歩いていると、知らないうちにそこへたどり着く

ああ、またこの谷に来てしまったと呟く



いつも見晴らしのいい大平原にいたいと思う

けれど思いとは裏腹にこの谷に足が向いてることがよくある


人にはかかえきれる荷物の量というものがある

けれどそのキャパを超える量の荷物が

お構いなしにどんどん積まれる人もいる

荷物は運ぶものだから積まれた人はそれでも歩こうとする

重みに耐えかねてへたり込む人

死力をふりしぼって運びきろうとする人

でも途中で荷物をどこかに放り出してしまいたくなる

そんな時に その谷にたどり着く

谷底に荷物を放り込めば誰にも気づかれない

でも荷物を放り込む瞬間に

必ずその深い谷底を覗き込むことになる



そしてもう二度と荷物を運ぶことはない
[PR]
# by sayururi0704 | 2006-05-06 14:19

落ちない

襟ぐりの、汗と油の混じった黄ばみのように

疲れと孤独が混じりあうと

ホント・・・・落ちにくい
[PR]
# by sayururi0704 | 2006-05-06 10:54

疲労コンバイン 06'04仕様

浮かれ気分の世間を尻目に、明日も出勤。

夕食もとっくに終え、とうの昔に歯も磨いたのに、
ぼや~っとブログ巡りをしてたら・・・・
いつのまにかフィナンシェ一個と、バームクーヘン四齧りしてた。
別にお腹が空いてるわけでもないのに・・・!?
明日の朝食に買っておいたのに、急に何やってんだろう。
なんだか・・・・コワイ・・・。
無意識に食べるなんて・・・・・何???

朝になっても前日の疲れが残っていて、週末ともなると累積乳酸値が物凄い・・・気がする。

はぁ・・・・・・・・。
[PR]
# by sayururi0704 | 2006-04-28 23:26

カテゴリ

全体
映画のことなぞ
とどかぬ想い
妖怪の館
ニュース・時事
未分類

ライフログ


ぼくを探しに


ビッグ・オーとの出会い―続ぼくを探しに


モザイク


アンテナ


コンセント


ミシン


ツインズ―続・世界の終わりという名の雑貨店


ライフ・イズ・ビューティフル


恋する惑星

フォロー中のブログ

あきと@社会人生活2年目
UK Style
SOFIA_ SS
まったりRacing
英国助産コラム
英国家族日記
Trettiotre F...
Fuxokあれこれ
海の向こうで。
デジタル写真館D100
K嬢の写真の小部屋
格ぶろ
自分しか見えへん
ラッパ吹きの雑言
小さく笑って (^_^)
helixlive
ブロガー互助連盟「ヨコの会」
代々木よもやま
のんびり・・・ぽかぽか

以前の記事

2009年 06月
2009年 03月
2008年 12月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 07月
2008年 04月
2007年 11月
2007年 07月
2007年 04月
2007年 03月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧